妊娠中にはおりものがある?

おりものを嫌な現象だと思っている女性も、多いでしょう。
しかし実は、おりものは雑菌から女性の体を守ってくれているのです。
量にも状態にも個人差があるおりものは、自分の体調を判断するためにも便利です。
通常は、生理前に多くなるおりものですが、妊娠中にも発生する場合があります。
全ての人に起こるわけではありませんが、多くの女性が体験していることですから、妊娠中におりものが増えても気にすることはありません。
おりものが増えてくると、不衛生に思えてお風呂でゴシゴシと洗ってしまいがちです。
しかし、いずれの場合のおりものでも、力をこめて洗い流すのはやめておきましょう。
というのも、おりものは身体に雑菌が侵入するのを防いでくれているからです。
ゴシゴシこすってしまうと、雑菌を防ぐ菌が流れてしまい、身体に雑菌が侵入しやすくなります。
また、おりものがやけに臭い、変な色がついているという場合も、異常が発生している可能性が高いです。
通常のおりものは酸性ですから、酸っぱい匂いと白い色が特徴です。
もしも異常があったら、何か感染症になっているかもしれません。
妊娠している場合はもちろん、妊娠していなくても将来の妊娠に影響が出る場合があるため、早めに婦人科で相談してみることをおすすめします。

低用量ピルトリキュラー

トリキュラー通販
ページの先頭へ戻る