検査薬で妊娠陽性でも生理が来る?

女性が妊娠を確認する手段として最も簡単なのが、妊娠検査薬です。
専門医を受診して、もしも妊娠ではなかったら恥ずかしいと思う人も多いでしょう。
妊娠検査薬なら自宅で調べることができるので、妊娠していなかったとしてもガッカリするだけで済みます。
検査の結果が陽性と出たら、妊娠したかった人にとっては嬉しいはずです。
だからこそ、妊娠とわかった後に出血があったときに動揺してしまうのです。
陽性だったのに生理が来たのはどういうこと?と思うかもしれませんが、検査で陽性と出たのは間違いない可能性が高いです。
というのも、受精と着床は起こっても、その後受精卵が子宮に根付かなかったということもあるのです。
こうした現象は、専門用語で化学流産といいます。
流産といっても、妊娠が確定する前の過程ですから医学的な妊娠でも流産でもありません。
赤ちゃんを待望しているご夫婦には落胆の出来事かもしれませんが、受精と着床があるとわかっただけでも励みになることもあるのではないでしょうか。
化学流産とは、妊娠検査薬が普及するに伴ってつけられた名称です。
現代人はストレスにさらされ、食生活や生活習慣も乱れがちな人が多いものです。
女性でも仕事で頑張っている人が多く、妊娠の兆候があったのに気付かずに確実な妊娠には至らなかったケースも多いはず。
もっと確実な妊娠を目指すのであれば、基礎体温をつけて生活を規則正しく健康的に送るようにすることが大切です。

低用量ピルトリキュラー

トリキュラー通販
ページの先頭へ戻る