妊娠確率と生理痛との関係

生理痛が激しいと、妊娠しにくいとか陣痛がきついなどの説があります。
生理痛が激しい人の中には婦人病のケースなどもありますから一概にはいえませんが、単純に考えると生理痛の重さと妊娠確率と生理痛には関係がありません。
ただ、生理痛が激しい場合には、子宮内膜症などの病気の可能性があるため、早めに病院に行っておかないと将来的に不妊症になってしまうかもしれません。
子宮内膜症を体験した人の半数は、不妊症だといいます。
もしかすると、これが生理痛が重い人が妊娠しにくいとの説につながっているのかもしれませんね。
医学的には生理痛と不妊症の因果関係は認められていませんが、生理痛がひどい人がなかなか妊娠できなかったりするケースはあります。
生理痛がひどいのには何らかの原因があり、そのひとつとして食生活や生活習慣の乱れによるホルモンバランスの異常などが挙げられます。
健康な妊娠とあながちつながりがないとも言い切れないため、スムーズに妊娠したい人は日頃から生活習慣に気をつけておいたほうがいいでしょう。
出産前には生理痛がひどかったのに、出産を経験してから生理痛が軽くなったという女性もいます。
出産前には子宮口が細いため、出産によって開いた子宮口が生理痛を軽減してくれる可能性があるのです。
とはいえ、生理痛がひどい人は、原因を婦人科で調べておいたほうがいいでしょう。

低用量ピルトリキュラー

トリキュラー通販
ページの先頭へ戻る