妊娠時の下腹部痛が心配

妊娠したときには、生理痛のような下腹部痛が起こることがあります。
子宮が段々と大きくなってくるので引っ張られるような痛みが走るのです。
妊娠初期にはよくある痛みで、大体1ヶ月くらいで収まるのが通常です。
痛みの頻度や重さには個人差がありますが、あまりひどい人は病院で相談したほうがいいでしょう。
ほとんどの場合は、いつの間にか痛みが消えているのが普通です。
ただ、妊娠初期は安定期に入る前で、流産しやすい時期です。
下腹部痛が起きているときには身体に明らかに活動が見られるときですから、なるべく安静にしておくのが無難です。
生理痛のときのように、このくらいなら大丈夫と過信していると、取り返しのつかないことになるかもしれません。
また、耐え切れないほどの痛みや出血があるようなら、病院で診断してもらいましょう。
女性によっては、妊娠しているのに2~3ヶ月気付かない人もいます。
それほど生理不順の女性が多い証拠ですが、ちょうどこの時期が妊娠初期の不安定な時期にあたるため、何気なく日常生活を送っていて流産してしまう危険もあります。
身体に負担もかかることですから、普段から基礎体温をつけるなどして生理のリズムに気をつけておくのが無難です。
生理が何日来ていないかということも、すぐにわかります。

低用量ピルトリキュラー

トリキュラー通販
ページの先頭へ戻る