生理は授乳中に再開する?

妊娠した女性の身体には生理が来ませんが、出産してからも1年くらいは生理が再開しないというのがこれまでの通説でした。
ところがそれは昔の話、現代では栄養事情もいいため、もっと早く生理が再開する人も少なくないといいます。
ただし、母乳をあげている期間は別です。
母乳をあげていると、生理のプロセスに変化が生じます。
それは、赤ちゃんが乳房を吸うときに排卵を抑えるプロラクチンというホルモンが分泌されやすくなるためです。
このホルモンが生理を起こさないようにするため、母乳をあげている期間は生理が来ないといわれています。
ところが、乳房に何らかの問題があると、授乳中でも生理が始まることがあります。
つまりはプロラクチンの分泌率が低くなってくるということで、また妊娠の可能性も出てくるということです。
生理だから授乳できないということはありませんが、母乳の味は変わります。
そのため、赤ちゃんがお乳を飲みたがらなくなったり、ただでさえ面倒な生理中の処理や体調を授乳中に体験しなければならないのは大変です。
母乳を出やすくするためにマッサージなどをすると、生理がまた止まってくれることもあります。
夫婦仲がいい場合は、この時期に妊娠を望まないならしっかり避妊に気をつけておいたほうがいいでしょう。

低用量ピルトリキュラー

トリキュラー通販
ページの先頭へ戻る