妊娠中の頭痛はどう対処する?

生理痛の中には、人によって頭痛を体験する人もいます。
しかし、妊娠したら頭痛が起こりやすくなったという人もいるかもしれませんが、頭痛と妊娠の因果関係は医学的には解明されていません。
つわりの症状のひとつには頭痛が挙げられることが多いのに、困ったものですね。
妊娠して頭痛が起こるのは妊娠初期に多く、つわりの時期を過ぎると軽減される人がほとんどです。
ただ、たかが頭痛と思ってもズキズキガンガン頭がしめつけられるのは辛いもの。
とはいえ、妊娠中に頭痛薬を飲むのも抵抗があるでしょうから、ひたすら耐えるか休むことで対処している人も多いでしょう。
こんなとき、どう対処したらいいかは人によって効果の違いがあるはずです。
妊娠中に頭痛が起こると、ストレスによって胎児に悪い影響が出てしまわないかが心配です。
苦痛を感じたら、まずは休むことが大切です。
いつでも休めるようにしておくためにも、周囲に早めに妊娠を告げておくのがいいでしょう。
仕事中でも、こまめに休めるスペースを確保できるといいですね。
また、妊娠中でも服用できる鎮痛剤を医師に処方してもらう方法もあります。
といっても、頻繁に服用するのは、やはりリスクがあります。
あまりひどい頭痛でなければ、痛みを気にしないようにしているうちに、引いてくるということもあるでしょう。

低用量ピルトリキュラー

トリキュラー通販
ページの先頭へ戻る