着床出血と生理との誤解

妊娠したはずなのに、出血することがあります。
それも生理予定日の頃に起こるのでは、驚いてしまいますね。
人によっては、これを生理の出血だと勘違いして、妊娠に気付かないこともあります。
生理の出血量がときによって違うことも多少はありますから、少量の出血でも生理だと判断してしまうわけです。
医学的には、妊娠したときの出血を月経様出血といいます。
俗には着床出血ともいい、受精卵が子宮に根付こうとするときに起こるのです。
出血しない人もいるため、出血がないのがおかしいと思う必要はありません。
これを生理と見分けるためには、基礎体温をつけておくのが一番です。
妊娠か妊娠でないかの違いも基礎体温によってハッキリしますから、つけていない人は健康管理のためにも基礎体温を見直してみてはいかがでしょうか。
ときには、妊娠していても着床出血ではなくもっと問題のある出血があるかもしれません。
鮮やかな血が大量に出るような場合は、流産の可能性もあります。
異常を感じたら、すぐに病院を受診するようにしましょう。
妊娠初期は身体が不安定な時期ですから、流産もしやすく妊娠に気付けなかったことがトラブルを招いてしまう場合も少なくありません。
自分の身体のリズムに敏感になれるよう、基礎体温で体調を把握しておくことをおすすめします。

低用量ピルトリキュラー

トリキュラー通販
ページの先頭へ戻る