想像妊娠の対処

妊娠したいと望んでいる女性に限らず、想像妊娠してしまう人はいます。
想像妊娠とは、実際には妊娠していないにもかかわらず、つわりが起きたり胸が張るなどの症状が起きることをいいます。
生理が何ヶ月も止まってしまう人もいて、女性の身体のデリケートさがうかがえます。
女性ホルモンのバランスは非常に微妙な加減で保たれており、ちょっとした刺激にも影響されやすいのです。
精神的なショックで生理が始まってしまったり、逆に止まってしまうことも珍しくありません。
生理が来るのが嫌だ嫌だと抵抗しているうちに、本当に生理が来なくなってしまう人もいます。
想像妊娠とはいえ、その影響で発生するつわりなどの症状は辛いものです。
実際に妊娠していれば赤ちゃんのためにと思って我慢できることもありますが、想像妊娠の場合は結果何の成果もないわけですから、後々にも複雑な思いを残すことでしょう。
そんなことにならないためには、基礎体温をつけて生理周期を把握しておくことです。
本当に妊娠すれば、体温が高温のままでい続けるなどの明確な兆候が現れます。
もしかすると想像で体温が上がり続ける人もいるかもしれませんが、その場合は妊娠を医師に確認してもらうでしょうから本当に妊娠しているかどうかがハッキリします。

低用量ピルトリキュラー

トリキュラー通販
ページの先頭へ戻る