授乳中の妊娠

授乳中には、排卵が抑制されるというのが本来の考え方です。
しかし、単に排卵が抑制されるというだけでは、妊娠しないと断言はできません。
最近の人は栄養状態がいいため、授乳中でも生理や排卵が再開する場合が少なくありません。
ということは、授乳中でも油断していると妊娠する可能性があるということです。
ときには年子のお子さんがいるように、早く次の子供がほしいというご夫婦もいるでしょうが、お母さんにとっては授乳中にまた妊娠してしまうのが大変だと感じる人もいます。
このため、排卵時期には気をつけておきたいところなのですが、生理の再開を目安にしているとうっかりしてしまうことがあります。
というのも、授乳中に排卵はあるのに生理がこないこともあるからです。
気付かぬうちにまた妊娠していて、驚く人もいるでしょう。
もちろん授乳中に次の妊娠をしてはいけないわけではありませんが、女性にとってはかなり大変でしょう。
特に初産のお母さんは、1人目の子供の世話もままならないのにまた1人妊娠したことに負担を感じるかもしれません。
そんなことにしたくない人は、しっかり避妊をしておくことが必要です。
母乳を飲ませていないお母さんには、排卵が抑制されないことからいつ妊娠してもおかしくありません。

低用量ピルトリキュラー

トリキュラー通販
ページの先頭へ戻る