妊娠を防ぐ避妊ピル

妊娠しないようにするためのピルに関して、やや不安を感じている人も多いのではないでしょうか。
ピルにもリスクがありますが、昔よりだいぶ進化しているため、安全性も高くなりました。
特に、避妊のためにピルを服用していて、将来不妊症になってしまうのではないかと心配している人は安心してください。
ピルの服用をやめれば、99%の確率で半年以内に生理が再開しているという報告もあります。
何らかの問題で生理が再開しないことがあるかもしれませんが、それをピルと直結させるのは早計です。
妊娠中は生理も排卵も止まりますし、ピルを服用する必要はありません。
しかし、妊娠したにもかかわらず、気付かずにピルを服用してしまう人もいます。
そんなときは、気付いた時点で即刻服用を中止すべきです。
実はピルの服用が胎児に影響したという報告はないのですが、妊娠中の薬の服用が安全と言い切れないのですから、中止するに越したことはありません。
出産後にピルの服用を再開する時期は、授乳が終わってからがベストです。
授乳をしない人はすぐにでもいいでしょうが、ピルには女性ホルモンの一種であるエストロゲンが含まれています。
これが母乳の出を悪くするため、授乳中にはピルをやめておいたほうがいいのです。
いずれにしても医師から処方してもらう必要があるため、よく相談してみましょう。

低用量ピルトリキュラー

トリキュラー通販
ページの先頭へ戻る